« 睡眠不足(10/3) | トップページ | 賢治島探検記(10/5) »

はやぶさ(10/4)

会社帰りに見てきた。
レイトショーなので1200円。前売り買うより安い。レイトショーでなくても火曜日なのでシネマイレージの日で1300円では見れた。梅田で見たので18禁はやぶさw

2時間20分ある映画なんだけどそんなに長いような気がしなかった。あのエピソードがない!とか思うのは、はやぶさが好きでずっとリアルタイムで見てきたから。普通に映画としてみるには長すぎるくらいなのかも。しかも一件一見大事だったエピソードも8年間の中ではわずかでしかないしね。初めて「はやぶさ」の事を知るにはいいと思う。

ノンフィクションを元にしたフィクションなんだけどダイオードやラストショットまでも演出だと思っている人もいるらしいw
それだけ信じられないような事がごろごろ起きた科学衛星だったからなぁ。
大筋のエピソードは事実で細かな点が映画として2時間ほどに纏めるために脚色されていたって感じ。



フィクションエピソード
・リポビタンDは窓辺に並べられたのではなく机の上にボーリング状に並べられていた。
・着陸当時ブログをアップしていたのは現在、会津大学にいるテラキンさん。
・帰還当時ツイッターを熱心に書き込んでいたのはIES兄さん(アニオタ)
・回収時のカンガルーエピソードは“宇宙の電池屋さん”こと曽根准教授。ちなみに打ち上げ当時はNASDA所属。
・回収時、イオンエンジン責任者の國中教授は相模原でなくオーストラリアのウーメラにいて責任者だった。
・宇宙研の講演はギャグを入れないと気が済まない人たちばかりなので恵のような真面目な講演は一般向けではしないww
川口先生だって笑い話満載だ!


個人的にはM-Ⅴの一段目切り離しシーンがちょっと・・・・去年、内之浦宇宙空間観測所の所長さんに聞いた展開方法と違ったなぁ・・・と。
そんなマニアックなところを見ている客はいない!
カッパーロケット炎上シーン(K-10Cロケット2号機)を見て吹き出しそうになったヤツは『昭和のロケット屋さん』を読んだ人だけだろうなぁ。エンドテロップのJAXA関係者に林ロケット班班長の名前が入っていたしね。垣見さんの名前はわからなかった。

JAXA宇宙科学研究所(相模原キャンパス)で撮影しているだけあって見覚えのある場所が多数あった。
7月の特別公開に行くと映画内でセキュリティカードで入っていた場所にも入れるぞ!

|

« 睡眠不足(10/3) | トップページ | 賢治島探検記(10/5) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/53003934

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ(10/4):

« 睡眠不足(10/3) | トップページ | 賢治島探検記(10/5) »