« 第一回淀川ECOライド その1(6/5) | トップページ | クーポン詐欺(6/7) »

第一回淀川ECOライド その2(6/6)

昼飯を食べてから右岸をひたすら上流に向かって走っていく。
同じペースで走っているのだが集団から取り残されていく。追い風だしちょっとペースを上げて走れば追いつけるんだけどMさんいるしやめとくか。
ってかサイコンの表示23km/hなんだけど!?
前の集団において行かれて後の集団に追いつかれない。これって先導車とほぼ同ペースになっているのか!?
実際、この淀川右岸は左岸ほどスポーツ施設が充実していないので人通りが少ない。ここだけでも制限解除してほしいくらいだ。
オレがスピードだして走ったりするのは大体ここだったりする。

芥川との合流ポイントで先導の集団に追いつく。ってかみんなが立ち止っている。追いついた頃にようやく動き出した。
これは・・・・分かれ道のどっちを行ったらいいか分からなくなったな!!
左に行くと芥川沿いですぐに堤防を登らないといけなくなる。右が正解だけどこのあたりは曲がりくねっていて先が見えない。
って事は先導自体、ここを初めて走るのか!一度でも走れば道分かるぞ。

枚方大橋を越えて左岸にゴールの枚方を見ながらさらに上流へ。途中のゴミ処理場あたりを走っていて・・・
「なぁ、ここって去年の保険金養子殺人の死体遺棄した辺りやんな?」
『言わんといて下さいよ。あえて言わへんかったのに!』
アシが生い茂る中の一本道を進んで島本へ。もう京都の手前ギリギリで舗装されている限界点が折り返しポイントだった。ここのチェックポイントでは水とバナナがあった。う~ん、20~30km毎のエイドステーションなので楽だけど体力的にはあまり補給を必要と感じないな。

ここからは引き返して豊里大橋へ戻る。
ここでビンディングの調子がなんとなくおかしいってか気になる。右側が外しにくい。ちょっとビスが緩んできているようだ。増し締めして再び走り出す。先に追いつこうと踏み込む!周りに人もいないので安心して走れる。

最初からわかっていたことだけどこの区間が一番ダレる。中間地点で折り返し、さっき走ったところで風景も変わり映えのしない原生林モドキ(一切草木の管理をしていないだけ)しかも向かい風だからツライツライ。
「ここに死体放置してたら見つからんかったんちゃうか?」
保険金目当ての殺害なんだから死体は見つからないといけないのか。

あぁホントにこの区間は辛かったorz
走っていておもしろくないんだよなぁ。片道ならいいんだけど往復は辛くてつらくてツラくて・・・・やっと豊里大橋に着いた。
ここではトライク集団がギャルにモテモテだったwww
このトライクの人、MIXIにも書いていた人だな。緑の車体が目を引く。

あとは十数kmだ。
・・・・・ん(-_-;)
どう計算しても90kmに足りないんだが!?
サイコンの表示だけをみていると90kmを少し足りない程度だけどこのうち5kmは家から枚方大橋までの移動だ。
83kmほどしかないんじゃないかな?

ふたたび追い風になったのでスピードも出るし、風景も変わるので走っていてラク。
この辺りからやたらとロードバイクにすれ違い挨拶してくる。
・・・おぉ、ゴールした人たちが帰っているところだ!!
90kmだけでもビビる人にとっては、90km走ってゴールしてからまた走るってのは信じられんだろうな(^_^;)

15時前にはゴール!
のんびり走っていたのでこんなものだろう。Mさん、かなり疲れていたみたい。
『らあずさん、元気ですね』
毛馬まであと一往復くらいなら出来そうだけどね。やらないけど。


完走証と記念品のボトルを貰って帰宅。
初めてのロングライドには丁度いいくらいの距離と気軽さだと思う。
来年も参加するか!?と言われたら・・・う~ん、どうだろう?
先頭集団に張り付きで走ってみたい気もするけどね(^_^;)

一番いいのは大会の日付だけチェックして、その日に個人で走る事。
ゲートが解放された状態で走る事が出来る♪

|

« 第一回淀川ECOライド その1(6/5) | トップページ | クーポン詐欺(6/7) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/51983442

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回淀川ECOライド その2(6/6):

« 第一回淀川ECOライド その1(6/5) | トップページ | クーポン詐欺(6/7) »