« ツール・ド・のと1日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと2日目(前編) »

ツール・ド・のと1日目(後編)

やっとスタート!
競技場を1周して外に出る。一昨年と同じく(昨年も一緒だと思うけど不参加なのでわからない)海側に降りて一旦県立医科大病院の裏を周る。
そして信号機渋滞。結構長かったなぁ。でも、その後は順調に走行できた。100人で区切られているのでほぼ一直線で移動できて早い人がたまに右側を抜けていく程度。このスタート方式の方がいいね。いままでの方式だと早い人が必死の形相で追い越しまくって二重三重の併走になってしまっていたからね。

宝達志水休憩ポイントまださしたる渋滞もなく移動できた。順調すぎて心配だ・・・・尻が。最近あまり自転車に乗っていないのですぐに尻が痛くなる。信号停止してサドルから降りればそれなりに戻るけどそれもあまりないしなぁ。BD-1は重心が低いのでオレは立ち漕ぎが出来ない。ずっと座っているので痛い(T_T)
宝達志水ではお約束のゆで卵だぁ♪コーラがなくなっているだろうてのは予想がついたけどアクエリアスが小さな缶に変わっている!烏龍茶は350mlあるのに(-_-;)
情報を聞いていると今年のペースは少し遅いらしい。スタート方法の変更と信号渋滞のせいだと思う。

急いでスタートしたが補給について考えてしまった。
オレはこの類のロングライドは2種類しか参加したことはない。「ツール・ド・のと」と「佐渡ロングライド」だ。のとは2年ぶりでその間に佐渡に2回行った。水分補給は佐渡方式の方がいいな。
のとは北陸コカ・コーラの提供でコーラ・アクエリアス・烏龍茶が一人一本貰える。コーラはkロリー補給にいいので早い人たちがほとんど飲み干していき遅い人にはアクエリアス・烏龍茶しかない。だが缶なので飲み干さないといけない。
佐渡はスポーツドリンクと水しかないけど、どのエイドステーションでも量制限がなくガンガン補給してくれるのだ。2リットルのペットボトルを使っているので余っても困らない。大概の人は何かのパウダーを持っているので水をくれた方が自分で作れて便利。スポーツドリンクに水を入れて薄めることもできるしね。

今年のコースは気多神社の前を通らないのか。一昨年は前を通って信号渋滞したからなぁ。そんなわけでコロプラのお土産は購入できなかった。運が良ければ購入できたんだろうけど今日はコロプラぢゃなく自転車!

今年のコース最大の変更点は昼食会場が変わった事。
いつもは能登ロイヤルホテルの裏手を使っていたんだけど今年は次の休憩ポイントに変更になった。
3年前までの松任スタートならここでよかったんだろうけど内灘スタートになったので54km程度の距離だしね。TOP集団なら10時30分頃にはついてしまうのかな?昼食には早すぎるって意見が多かったんだろう。
ロイヤルホテル手前で休憩ポイント。
さぁ昼飯食いに行くぞ!!

ここから門前までは好きな区間だ。海岸線を通って風光明媚なところもあれば細い道を通って車では通らないような集落も突っ切ったりするからだ。そのかわりシンドイ坂もあるんだけどね(-_-;)
原子力発電所もあるし・・・

トンネルを超えたところで交差点でもないのに係員がいて誘導していた。これは・・・・ここの駐車場に降りるな!と言いたいんだな。去年までここが休憩ポイントだったしww
2kmほど先に進んで昼食ポイントへ。スタンプを押してもらうと食い物が何一つない!!先に行った人たちが全部食ってしまったらしい。
今までだったらホテルの敷地内だったから安心感はあったけど今年は大丈夫なのか?

冷やしうどんが10食分出てきた。傍にいたのでなんとかGet!
・・・・まづっ!何コレ!?
スープスパ・・・ぢゃなくてサラダうどん!?まづい!まづいぞぉぉぉ!!
口直しにカレーの列に並ぶ。幸いなことにすぐにカレーが来た。ドリンクは(色もついていないような)お茶だけなのでボトルにも入れてそそくさと出発する。長居している人は少ない。

ここから門前までは3年前に一番苦しかった場所。2年前はどこで休憩すればいいかがわかっていたので道の駅・赤神で休憩した。この時は4~5人がいた。
今年は絶えず10人以上が滞在。いつの間に裏休憩ポイントになった!?
ここのコカコーラの自動販売機はiDが使えるんだよね♪
でもまだEdy対応機にはなっていなかったorz

さて門前に行くか。
町並みはかなり回復している。ってか知らない人が見たら最近立て直したような昔風の作りにした家ばかりに見えるだろう。ここは能登地震で一番被害があった場所だ。見た目は完全に復興しているなぁ。
ボトルにしっかり水を入れて・・・さぁ円山峠に挑戦だ!
3年ぶり2回目の挑戦。2年前は『20回記念だしラクに海岸線にしよう』としたけど余計に辛くなったので封印されたww
ゴール後、運営に苦情入れまくっている爺さん見かけたぞ。

新道から旧道への分岐点で自主休憩。
ここから辛いのはわかっているしね。さぁ挑戦だ!!
・・・・あれ?こんなにラクだっけ?
たしかに辛くてギアを落としているけどそこまで辛くない。なんとか頂上に着いたので休憩。よくみると指導の人たちがたくさんいる。
ここからの下りは危険なので20名くらいづつで降りるようだ。自動車用なんだろうけど中途半端な段差があちこちにあるんだ。
車には丁度いいんだろうけど自転車にとっては死の恐怖を作り出す危険きわまりないコンクリート塊。

幸いにも先頭から2人目くらいになれたので指導の人に付いていく。
時速40km以上の速度で坂を下り新道に合流。そなまま付いていくぞ!!
・・・あれ、後続は!?
完全に千切れていたwおかげさまで大爆走状態にて輪島市内に突入。
ここで信じられない風景が!輪島市内の信号誘導は美人婦警と決まっているのに今年は男ばかりだ!最近の自転車ブームで女性参加者も据えているので対処したのか?

1日目、輪島ゴール!
今年はドリンクはVAAMペットボトルだけか。去年はどうだったかしらないけど道交法絡みでビールはなくなったのか?
それとも今回のスポンサーであるファミリーマートが臨時店舗出してビールを有料で売っているからなくなったのか!?



今日の宿は近所なので歩いていく。
なんか洗濯はしてくれないらしい。予備持ってきているからいいけど、困っている人もいるだろうなぁ。
晩御飯はおいしかったです。
明日の為に21時頃には就寝。

|

« ツール・ド・のと1日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと2日目(前編) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/49556669

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・のと1日目(後編):

« ツール・ド・のと1日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと2日目(前編) »