« ツール・ド・のと2日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと3日目(前編) »

ツール・ド・のと2日目(後編)

リタイヤしたからには・・・・ゆっくりと「ふっくら」を堪能しますか♪
おいしいお菓子だ。


救護車がはいってきた。
『走行しているのはあと11人です』
思ったより少ない。桜峠での足切りがうまいって事だろう。
他のリタイヤ者と談笑。見渡すと残っていなければいけないはずの人数が少ない。
家族の車に乗せていた人も居るけど数人だ。オレの前を走っていた女性2人もいなければ後ろにいた親子もいない。
走って行ったのか。

誘導のお手伝いをしてくださった警察の方2人。かなり年配の婦警さんが
『これからどうするの?自転車は?』
と聞いてくるので
「我々は収容車送りです。自転車は自衛隊に捕獲されてしまいます」
リタイヤ者みんなで大爆笑。ウソ言っていないよね?
運営の手配でゴール地点に行って翌日再スタートって事を聞いて感心されていた。
『好きじゃないと出来ないですね』

自衛隊車両が到着したので自転車を預ける。BD-1の後部はプラスチック部品1個だけで固定されているんだけどオレの車体はこの部品が甘くなっているので押さえる場所をしっかり持たないと後輪が下がる。あぁややこしい自転車で申し訳ない。乗せるのにひと手間。

バスに乗り込みゴール地点に向かう。隣に座っていた夫婦は去年1日目コースに参加して完走できたので今年は2日目コースに挑戦したけど桜峠に負けたようだ。
すしべん中島出走ポイントに人はいない。みんな通過したらしい。
能登島に入って最後尾から少し手前で親子連れを見かけた。2日目ゴールは間違いないだろう。ねぇ楽しい?うれしい?達成感あるの?本部の静止を振り切って飛び出してゴールして・・・子供と一緒に走っていて教育上悪いと思わないんだろうね。

18時5分ごろにゴール地点に到着した。自衛隊車両は30分後くらいに到着との事。最後尾の後ろからこちらに向かっているそうなので最後尾者が制限時間の18時30分に到着できる。って読みなのだろう。
2年前にオレがゴールしたのは18時2分頃。それを考えるとオレは今ゴールしている人たちより早く走っていたんだな。
でも2年前のオレがもっと速かった!とは思わない。途中2ヶ所で列車に引いてもらってかなりラクに走っているからだ。一人で走っていたら今回と同様だっただろう。

そして桜峠でソフト食ったりmixiにアップしていなかったら間に合ったか?と言われても間に合ったかどうかはわからない。
桜峠をあのタイミングで下りたからこそ、あのメンバーでの列車が出来て必死の35km走行ができた。一人だったらタイムオーバーは5分以上あったはず。


今年は宿へのバスもすぐに来た。
宿は2年前と同じ能登島荘。増築したからだろうけど変な構造なんだよな。
部屋に行くと同室の方はとっくに到着していた。少し話をしていると・・・
『前に同じ部屋になりませんでしたか?』
「・・・そうかもしれませんね。2年前じゃないですかね?」
2年前のツール・ド・のとで2日とも同室だった人だ。こんな偶然あるんだ。
3人部屋でもう一人の人は晩飯食い終わってから会いました。
いろいろ話していたけど明日もあるので21時30分ごろに就寝。

天気予報を見ていると明日の天気は悪そうなので気になる。

|

« ツール・ド・のと2日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと3日目(前編) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/49569232

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・のと2日目(後編):

« ツール・ド・のと2日目(前編) | トップページ | ツール・ド・のと3日目(前編) »