« 最近、金曜日が忙しいんじゃない?(9/10) | トップページ | 日曜日は・・・(9/12) »

みちびき(9/11)

仕事を終えて家に急いで帰る。
HⅡA18号機の打ち上げがある。会社を出る前に携帯で情報を確認するとX-60はGO判定。ここまで来たら余程のことがなければ打ち上げ決定だ。
過去にはもっと直前になっての打ち上げ延期はあるけれどそんな時は1日前からすでに「どうかなぁ」「あげたいなぁ」って雰囲気が流れてきているので判断できる。
・・・・そういえば打ち上げ直前に宮崎大学でPCに繋いでいるケーブルを誰かが足でひっかけて抜けてしまって大騒ぎ。立ち上げ直さないといけないけど打ち上げ時間に間に合わないって事で打ち上げ20分くらい前に延期になった事あったなぁ。


個人的にこの準天頂衛星に良い印象は持っていない。
1機だけではまったく役にたたない衛星システムだからだ。最低でも3機が必要。有効活用しようと思えば4機は必要だ。
23時間56分の8の字軌道に載せることによって日本上空をほぼ8時間いることになる衛星。3機いる事によって24時間って事なんだろう。

衛星測位システムは現代において非常に重要なシステムだ。現在の日本国内でGPSがなくなれば生活にかなり影響がでる。車の位置情報だけでなく運輸面でかなり利用されている。
アメリカの軍事用システムとして開発されているので全てがアメリカ中心に運用されている。湾岸戦争時に軍事用の精度を上げて民間用の精度を下げたとか、イラク戦争時に全体の精度を上げた。なんて話もある。
1国の気分で運用されたらたまらん!って事でロシアは独自システムを運用しているしEUも独自のガリレオ計画を進めている。
日本はガリレオ計画への協力打診を断っている。国内だけで3機以上必要なシステムと国際協力で計30機以上の内の数機を負担。どっちが国際的な協調がとれるだろうか?ガリレオ計画に3機以上負担するとなれば東アジア周辺の位置測位システムでかなりのイニシアチブを取れる。東アジアで日本以外にこれだけ巨大な衛星を打ち上げる事がが出来るのは中国しかないからだ。韓国は衛星開発もロケット打ち上げもまだまだ他国まかせなので無理。インドは極東までカバーするほどの気概はないだろう。(今後はわからんが)

準天頂システムはアメリカのGPSがあってこそ活きてくるシステムであり自国だけで安定運用できるモノではない。
中国・韓国寄りの民主党政権では余計に危険度が高い。
GPSの説明でわかるように上空に2機以上の衛星がいないと衛星測位システムとしては不完全なのだが・・・・


準天頂軌道に衛星を上げたい!
以外にこの衛星の存在意義が浮かばないんだ。
それなら技術試験衛星ETS(きく)シリーズでいいと思う。

|

« 最近、金曜日が忙しいんじゃない?(9/10) | トップページ | 日曜日は・・・(9/12) »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/49440101

この記事へのトラックバック一覧です: みちびき(9/11):

« 最近、金曜日が忙しいんじゃない?(9/10) | トップページ | 日曜日は・・・(9/12) »