« ある事件に思うこと(8/4) | トップページ | 工場(8/6) »

はやぶさ2へ一歩前進(8/5)

今日の宇宙開発委員会・推進部会で
・はやぶさ2の開発研究フェーズ入り
・イプシロンロケットの開発フェーズ入り
が決定したようだ。

はやぶさ2はともかくイプシロンロケットなんてGOが出なかったらどうするんだ?
搭載する小型衛星シリーズはSPRINT-Aだけでなく数台が開発進んでいるぞ。他の省庁からの衛星も開発していたし・・・・いまさら開発中止はできないだろう。何を載せるか何時出来るかもわからなかったGXロケットなんかと違ってさ。


先月行われた第一回推進部会の資料に、はやぶさ2の計画が詳しく解説されている。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/015/002/gijiroku/1295910.htm


Kaバンドアンテナ搭載のはやぶさ2予想図ってのは始めて見た。
高さ方向に1.3倍程度大きくなるみたいだ。
重さは600kgで少し重くなっている。
使用ロケットはHⅡA202型(4Sフェアリング)あかつきと同じ。
ロケットインターフェイスとは何を指すのだろうか?キックモータの事ならいいな。
リアクションホイールは予備が付いた4軸タイプ。これもあかつきと同じ。
イオンエンジンはμ10を使用。はやぶさと同じ。相模原で駆動実験中のμ20はマルコ・ポーロ(はやぶさMk-Ⅱ)用だ。
キセノンの容量は60→80kgへアップ。はやぶさは60kgなのに66kgも突っ込んだからなw
小型ローバが少し謎。サイズはミネルバと同じみたいだけど重量が3.5kg(含むOME)となっている。OMEって何?ミネルバはシステム込みで1.5kgだったしなぁ。新規開発している時間はない。


HⅡAで打ち上げるとなると一番小パワーの202型でもパワーがありすぎる。またイカロスみたいに何か面白そうな実験機を載せてくれないだろうか?

|

« ある事件に思うこと(8/4) | トップページ | 工場(8/6) »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/49099295

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ2へ一歩前進(8/5):

« ある事件に思うこと(8/4) | トップページ | 工場(8/6) »