« 飲みに行こう | トップページ | おつかい出来た?(7/5) »

宇宙に近い本

久し振りに「宇宙へのパスポート」を読んだ。
エリアルで有名な笹本祐一のロケット打ち上げ日記なのだが実におもしろい。
ひさびさに読んだ2巻のM-Ⅴ-5号機“はやぶさ”打ち上げの時など読んでいると発売当初に読んだ時は登場人物の一人として読み飛ばしていた人たちが今は聞き覚えのある人だったり、実際にあった事のある人だったりする。

3巻読んだ頃は日本の宇宙開発に悲観的な考えを書いているなぁ。と思ったが今読んでみるとその通りになっているコワイ現実。
もっともオレの宇宙情報はこの本の解説をしていて一緒に取材している“松浦晋也のL/D”によるところが大きいのでそれに引かれているのはあるかもしれんが3年前に相模原見た時でさえ偏り始めているのが見えていたし・・・・今月行ったらどうなっているんだろうか?結構コワイな。


会社で『英語を!』って言われても学ぶ気は全然起こらないけど、ここらへんの本を読んでいると海外に行くなら英語は片言でも必要だなぁと思ってしまう。
仕事の為に努力はあまりしたくないが趣味のための努力なら惜しみなく(^_^;)

|

« 飲みに行こう | トップページ | おつかい出来た?(7/5) »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/48799923

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙に近い本:

« 飲みに行こう | トップページ | おつかい出来た?(7/5) »