« 眠い!!(7/7) | トップページ | ボーナス »

カプセル公開(7/8)

やっとはやぶさのカプセル公開の公式情報が出た。
http://www.jaxa.jp/press/2010/07/20100708_hayabusa_j.html

相模原での公開が今月30・31日なのは川口教授が「相模原で公開する」って言った時からわかっていた事だけどね。宇宙研でなく隣の市立博物館で公開ってのは・・・・人員整理的な問題だろう。宇宙研はあくまで研究施設なのであって展示施設ではない。
実際行ったら狭いんだコレが。あくまで展示設備として見た見学者の立場であって現場で仕事する分にとっては十分だと思う。まぁ赤外線チームの『廊下は人の歩くところです。履物は下駄箱に入れるようにして下さい』って貼り紙まであったりするのは・・・ご愛嬌?

筑波でまで公開するとは思わなかった。あそこは広いから公開場所には困らんけど遠いからな。行くのなら電車より東京駅から高速バスの方がJAXAの前に停まって便利です。
何回も行っているとどこで展示するのかなんとなく判る。
ってか平日だけかよ!

JAXAiは狭いのでoo広場での公開か。これでJAXAiに行く人も増えると民主党の事業仕分けがますますムダに思えるイヤミな良い企画ですなwww
コミケに被っているのは偶然なんだろうか?



「前面ヒートシールド」の公開なんだけど・・・・本物公開するのかな?
カプセルコンテナやキャッチャは現在、相模原のキュレーション施設で作業中だからサンプル展示だろうけど前面ヒートシールドは・・・・公開しても大丈夫なのか?

秒速12kmで突入した事はスゴイ事だけど大気圏再突入体自体はめずらしいものでもなんでもない。
しかしアメリカもロシア(旧・ソ連)も情報公開はしない。日本も仕方ないのでHⅡAで実験したけど失敗した(NECの図面レベルでの配線ミス)
何故、情報公開しないか。といえば大気圏再突入体なんて代物は大陸間弾道ミサイルの最重要データでしかないからだ。打ち上げ時に弾頭を守り、目的地では(核)弾頭が確実に作動する状態。
簡単に「はい、どうぞ」と見せても良い技術ではない。はやぶさのカプセルサイズと材質は公表されているしね。

個人的な知的好奇心としては実物と再突入前の状態の見比べとかをして見たいのだがなぁ。
国防上の観点からサンプル展示でも仕方ないとは思う。ただ防衛省は余計な事をぬかすんじゃないぞ!スパイ衛星をJAXA予算から食いつぶさずに自前予算で打ち上げるようになってから文句は言うように!

|

« 眠い!!(7/7) | トップページ | ボーナス »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/48838251

この記事へのトラックバック一覧です: カプセル公開(7/8):

« 眠い!!(7/7) | トップページ | ボーナス »