« 宇宙探査が後退する日 | トップページ | コミック版(7/1) »

GXロケット(6/30)

開発会社であるギャラクシーエクスプレス社は目出度く倒産となりました。
事業仕分けで良かった事のひとつだ。

去年の事業仕分けで削られて怒って、最近「はやぶさ」知った人には腹が立つニュースなんだろうけどね。
宇宙関連ずっと見ている人たちにとっては「やっと潰れてくれた」ってシロモノだったんだ。

HⅡAは液体水素+液体酸素が燃料でコストがかかる。そこで安い液化天然ガスでロケット作ったらいいんじゃない?今のエンジンを400億円程度の開発費加えるだけで改良して使い物になるよ。
って事で官民合同で作られたのがギャラクシーエクスプレス。社員の半数が取締役ってスゴイ会社だった。官民入り乱れなのでそれぞれの会社からの代表を取締役にしたらこんな状態になった。

アメリカから買う1段ロケットにロシアのエンジン載せて、2段目に開発できる予定の新規エンジン搭載。まぁハリボテ仕様なのはどこのロケットも似たようなモノだし文句はないがあまりにも考えが甘かった。

中々開発できないLNG(液化天然ガス)エンジン。当初の予定を数倍越えて1000億を軽く越した。
50億で80億→30億程度に出来るはずだったM-Ⅴ-Lite開発した方が良かったんじゃないか?
GX=IHI(旧・石川島播磨重工)
M-Ⅴ=IHIエアロ(旧・日産自動車)
なのでそこらへんのいざこざもあったんだろうけどね。GXの方が裏金が回りやすいのは確か。

数年前、金沢の21世紀美術館で宇宙関係の催しがあったときにギャラクシーエクスプレスのブースにいた人は質問に何も答えられなかった。
それに比べてHⅡAの三菱ブースの人はいろいろと話してくれた。まぁそういう事なんだろう。



数年前から言われているGXロケットと共に「さっさとあきらめろや」の代名詞は官民の民が全部抜けて官だけでほぼイミなし状態で打ち上げる予定だ。
リアクションホイールの不具合こそあれど完成まで持って行ってしまったからなぁ(ーー;)

|

« 宇宙探査が後退する日 | トップページ | コミック版(7/1) »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/48799823

この記事へのトラックバック一覧です: GXロケット(6/30):

« 宇宙探査が後退する日 | トップページ | コミック版(7/1) »