« Web Money | トップページ | 続きはどこから出るのか?(6/22) »

はやぶさ2の意味

はっきり言って繋ぎだと思う。

4年程前に行われた「はやぶさ2を実現しよう」運動の時に実現に走っていたら文句はなかった。
帰ってこれるかわからない「はやぶさ」のノウハウを絶やさないためにすぐに対応できる「はやぶさ2」を!!
当時の計画では2010年打ち上げ2014年帰還(だったはず)になっていた。
その後には「はやぶさMkⅡ」の話もあったし、ほぼ現状維持の「はやぶさ2」で技術を伸ばして「MkⅡ」にバトンタッチ!ってのが理想だったと思う。

しかし実際は2010年になっても「はやぶさ2」は動き出さない。プレプロジェクト止まりだ。
今の世の中の情勢をみていると昔とはえらい違いで「はやぶさ2」への予算は出そうだ。
しかし・・・・2014年に間に合うのか!?
いっその事、打ち上げを延期して改めて「はやぶさMk2」を始動した方がいいんじゃなかろうか?

「はやぶさ2」が打ちあがって1999JU3にたどり着いたとして、今「はやぶさ」に興味を持っている人がどれだけ残っているだろうか?
その時は「はやぶさ」がやったのだから出来て当たり前、少しでもミスったら『また失敗』とマスゴミが書くのは目に見えている。そして「Mk2」に予算は流れない。

それならいっその事「はやぶさMk2」の開発に着手するのもいいんじゃないだろうか?
「Mk2」は太陽電池パネルは倍の12枚。イオンエンジンもμ10の倍の能力を持つμ20を使用する。

|

« Web Money | トップページ | 続きはどこから出るのか?(6/22) »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/48689447

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ2の意味:

« Web Money | トップページ | 続きはどこから出るのか?(6/22) »