« だつ☆ぜい | トップページ | 久々のアヴドゥル »

真田さん

はやぶさの帰還運用が再開した。

http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091119_hayabusa_j.html

あの川口プロジェクトマネージャーの事だから諦めるなんて事はないだろうとは思ったが・・・・そんな事出来るのか!?

イオンエンジンの中和器がB・C・Dのきなみダメになったら打ち上げ直後から調子が悪くてイラナイ子扱いだったスラスタAの中和器のみを動かしてスラスタBのイオン源を利用する。スラスタ2台を動かすから2台分の電力がいるけれど太陽に近付いてきているので電力的のはOK。ガスも2倍いるけどまだ20Kg残っているから大丈夫・・・・たしか初期状態が60Kg強だったはず。あまりにもキセノンガスを集めすぎてキセノンの流通単価が世界的に狂ってしまったと聞いたぞw


過去にも
・この蛇腹っぽい部品ホントに蛇腹になっているんです。これで駆動できます。
・キセノンのガス噴出で制御。中和器の方向が4基とも別方向で助かった。
・伝説の1ビット通信(1回で4つまで情報が取れるように進化しているそうな)


どこまで『こんな事もあろうかと密かに開発しておいた・・・』ってのがあるんだこの工学実験機は!!





まだまだ頑張る良い子のスラスタCは危険な兆候は出てきているらしいけどまだまだ奥の手で休んでいる状態。

来年6月に地球帰還は達成できそうだ。
残り1億6000km。
帰っておいで“はやぶさ”
家(地球)に帰るまでが遠足だ。みんなリポビタンDを持って待っているぞ!

|

« だつ☆ぜい | トップページ | 久々のアヴドゥル »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/46844061

この記事へのトラックバック一覧です: 真田さん:

« だつ☆ぜい | トップページ | 久々のアヴドゥル »