« 再開 | トップページ | 3号の横道 »

GXロケット

事業仕分けはうっとおしい事がおおいけどGXロケットは・・・別にいいんじゃない?

宇宙好きだから反対していると思うかもしれないけどGXロケットに将来の展望は望めないから。

数年前の考えでは
大型ロケット:HⅡA(100億円)
中型ロケット;GXロケット(60億円)
小・中型ロケット:M-Ⅴ(80億円)
って事でM-Vが叩かれて廃止にされてしまった。大型トレーラーのようなHⅡAに比べてM-Ⅴはヤマト宅急便の専用トラックの様な存在だった。特殊用途に合わせたオーダーメイドの芸術品。衛星にあわせたハンドメイドロケット。打ち上げ能力は天下一品!そのかわり技術者の粋を極めた運用でしか打ち上げられないシロモノ。国際競争力はなかった。当たり前だ!もともと学術目的のロケットなんだから商業目的のHⅡAと同列に考える事がおかしい。宇宙研は生き残り策でM-Ⅴ-LiteやM-Ⅴ2を計画していた。100億程度の開発予算で30億円程度のロケットに出来ると!!

予算が出なくて頓挫orz


国の言い分は「GXロケットが80億で飛ばせるならそれでいいじゃない」
現在HⅡAの固体ロケットSRB-A3を一段ロケットにした新型固体ロケットを開発中だ。20億円程度で打ち上げられるらしいので期待したい。

GXロケットだが目玉は二段ロケットのLNG推進エンジンだ。
本来の話は「今後のロケットを考えると液体水素+液体酸素のロケットはコストがかかりすぎる。LNG(液化天然ガス)でロケット作ろう!なぁに技術的な問題はないよ!!」って言っていたのが問題ありまくり全然完成しない。炭素複合材製の推進剤タンクの開発なんて次期スペースシャトルと言われたX-33でさえ失敗したシロモノだ。(口の悪い漫画家あさりよしとおに言わせれば『燃料タンクを石油で作ったら燃えた?バカみたーーい』だそうだw)
結局、現在では2000億円近い開発費となっている。ちなみに当初の開発に必要とされる経費は450億円だった。
・・・・・M-Ⅴの改良型を宇宙研に作らせたほうが遥かに安いんだけど?

HⅡA自体がすでにJAXAから三菱重工による製造に移管されている。三菱重工はHⅡAのラインナップ整理を宣言している。報道ではHⅡAと一言で言われているがHⅡAは複数のバリエーションを持っている。
・HⅡA202
・HⅡA2022
・HⅡA2024
・HⅡA204
三菱重工は補助ロケットブースター(SSB)を使用する2022と2024を廃止にしたいようだ。そうする事によって現在の打ち上げコスト100億円を80億円程度に抑えようとしている。これならアリアンⅤにもなんとか対抗できるロケットだ。

・・・・80億円予定のGXロケットに価値はあるの?

現在、世界の主流である液体水素+液体酸素ロケット自体がスペースシャトルの幻影に引きずられた欠陥エンジンだ。(理論的な上限に達しつつあるが発射能力に欠けるため固体ロケットの補助無しには打ち上げできない)
それを考えると次世代のエンジン開発ってのは確かに必要である!
しかし・・・・・ロケットありきでエンジン開発するなよ!
GXロケットの為につくられた会社ギャラクシーエクスプレス。従業員は40人(いつの間にか増えたねぇ)そして役員は13人。複数の企業が協力して作った会社なので取締役だらけ。開発予算の何割がこのあたりの胡散臭いところに消えているんだ?

JAXA自体もGXロケットが国際競争力がない事に見切りをつけてロケット開発は切り捨ててLNGエンジンだけの開発に予算申請していたわけだが今回それも事業仕分けで切られた。
計算が間違っていたとかいい訳しているが・・・・根本的な計画の見直しをした方がいいと思うぞ。

|

« 再開 | トップページ | 3号の横道 »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

古い記事ですが・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091126-00000029-san-pol

投稿: | 2009年12月 1日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/46876610

この記事へのトラックバック一覧です: GXロケット:

« 再開 | トップページ | 3号の横道 »