« 佐渡ロングライド210 その1 | トップページ | また、こんな電話! »

佐渡ロングライド210 その2

両津を出ると雨が強くなってくる。
Bコースとの分岐。ここからは初めての道だ。

最初からわかっていた事なんだけどね。ほぼずっと海岸線の道。晴れていたら気持ちいいだろうなぁ・・・
ウエストポーチに地図も入れてはいるんだけど、この雨なのとポンチョを着ているせいで簡単には地図が見れない。あと何km走ればASなのか分からないのは結構不安なものがある。
もっとも雨が避けられるところで地図を見ればいいだけって話もある(^_^;)

体が冷えてきてだんだん足が重くなる。さっき転んだので右膝が痛いってのもある。まぁこれはそれほどでもないけどね。
両津まで100kmで750mlのボトルが1回も空にならなかったしね。ASでドリンク貰って飲んでいるんだけど雨で体が冷えているのでそれほど飲み物を欲しない。だからといって飲まないのも体に悪い。

120kmポイントを越えたところのトンネル出口付近で休憩。この辺りになると20km巡航がツラくなってきた。次のASは140kmポイント(制限時間14時)
これは・・・・ギリギリセーフか!?アウトか!?
晴れていたら余裕なんだろうけどなぁ。

130km通過!
これで去年走った距離よりは先にすすんだ。
去年の130kmコースのゴール時間と比べると早くはなっている。
まぁ良しとするか。

なんとかがんばって140kmの多田ASに着いたのは13時50分。
体が冷えてきたのでトイレに行く。バナナを2個頬張ってすぐに出発!
制限時間6分前!!
こんな時間にここを出発していたら完走はまず不可能。でもテントにいるボランティアの人たちがスゴイ声援をかけてくれたのがうれしかった。

1分でも先に行ってやる!
1mでも先に行ったやる!

150km地点で一度休憩する。この時点でもう雨が凄まじくて雨具なんて何の役にもたっていない。
休憩中にも「Aコース最後尾」のゼッケンを付けたスタッフ自転車が来ていないかビクビクする。来るなよ!

158km辺りで15時になってしまった。タイムオーバーだ。
159km辺りで「Aコース最後尾」に追いつかれたけど『次のASまであと少しなのでそこまで走ってリタイヤして下さい。・・・行けますよね?』
「はい」
ムリって答えたら回収車が来るまで雨が降っている中、待っていろってか?走っているほうがマシに決まっているじゃないか。

小木ASでリタイヤ宣言。しかたないか。
撤収中のテントでおにぎりを貰って空いた腹を満たす。
ここでの回収車が中々出発しなかった。そしてリタイヤ者が多くて回収車(新潟交通佐渡の路線バス)が立ち客までいる状態。
疲れていながら立っているとふと寝てしまう。ガクッときて目が覚めるんだけどね。回収車で立っているのはかなりツライぞ!

佐和田のゴール地点に戻ってきたら預けていた荷物を受け取り、自転車を輪行袋に入れて配送。
これで身軽になった。さすがにドロドロのズブ濡れ状態なので着替える。
予約しているバスは18時20分なので最終走者のゴールを見る。
ギリギリゴールに間に合うかどうか?ムリじゃないのか?って事だったんだけど15秒前にゴール!!!
周りにいた人みんなが拍手で出迎え。
朝生つぐみはおれがここに戻ってきた時からずっとゴールにいて帰ってきた人に拍手と声援を送っている。えらいなぁ。

バスで両津港に行ったら乗船が始まっていた。ビール買って乗り込んだら禁酒席だったorz
仕方ないので古新聞貰って床に引いて飲む!
飲み終わったらこの新聞はズブ濡れの靴に入れて水分吸収だ。

今年は去年ほどは混んでいなかったな。起きている人もおおかったしね。去年はほとんどの人がぶっ倒れていたから(^_^;)
部屋に戻って横になって寝たら新潟に着いた。210km走れなくてリタイヤしても160km走ったらそれなりに疲れるしね。

新潟駅前に戻ってホテルにチェックイン。
晩飯を食いに近所の居酒屋へ。予めチェックしておいたぐるなびタッチの店。こんな時でもなければ新潟にはあまり来ないだろうし。実際、今回は1年ぶりの新潟。

よし、来年こそは!!

|

« 佐渡ロングライド210 その1 | トップページ | また、こんな電話! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/45078188

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡ロングライド210 その2:

« 佐渡ロングライド210 その1 | トップページ | また、こんな電話! »