« 終わった | トップページ | そうか、イブなんだ! »

K-20

先月、「容疑者Xの献身」を見たときに予告編を見ておもしろそうだなぁ・・・と思った。
それで前売り券を購入して(当然ローソンでEdy払いでマイルGetだ)見に行ってきました。

予想以上におもしろかった!


邦画だしVFXも露骨だろうなぁ。と思っていたけど立派にエンターテイメントしていた。
小学生の頃に少年探偵団を数冊読んだ程度の客としては非常におもしろかった。これが思い入れのある人とかだと評価が違うんだろうな。

世界観の設定が大日本帝国がアメリカ・イギリスと平和条約を締結し第二次世界大戦が起こらなくて華族制度が残ったままで格差がありまくりな1949年。
サクラ大戦のような雰囲気の残る世界。そしてあちこちにカリオストロやラピュタの雰囲気があるw
ネットで感想とかを見ているとやはり同じように感じた人は多いようだ。

でもあ、あくまでもカリオストロやラピュタであって最近のジブリオ作品ではない!
オートジャイロの活躍シーンはモロにアレだ。


ストーリーはてんこ盛り状態だけどキレイにまとまっているし(ボロはあるけど勢いですましている)ラブストーリーやコメディもいれつつうまいもんだ。

原作の『怪人二十面相・伝』がどんな終わり方で続編があるのか知らないけれど俺としてはここで終わって欲しいと思う。明智小五郎のいない怪人二十面相もイヤだし、明智小五郎が復活するのはもっとイヤ!
小林少年が二代目として明智小五郎を名乗るのならいいかな。


お奨めの映画です。
邦画で数年ぶりにDVD買うかも(^_^;)

|

« 終わった | トップページ | そうか、イブなんだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/43509268

この記事へのトラックバック一覧です: K-20:

« 終わった | トップページ | そうか、イブなんだ! »