« 佐渡ロングライド210 当日(その1) | トップページ | 佐渡ロングライド210 当日(その3) »

佐渡ロングライド210 当日(その1)

相川ASをそろそろ出ようかと思っているとCコース参加者のブロンプトンが!!
思わず声かけちまってい。「ブロンプトンって内装3段ですよね?」
『えぇものすごくしんどいです』
あと80kmあるし、途中には魔のZ坂もあるんだけどなぁ・・・「がんばってください」

次のASまで20km・・・近いな。


日本海って太平洋側に比べて荒いってイメージがあるけど、ものすごく穏やかだ。透き通っていて透明度は高いし、雲一つない晴天で海岸沿いは奇岩も多く眺めがいい。
しかも近所の人たちが声援をかけてくれるのでうれしい。これは楽しいぞ♪

途中ものすごく長いトンネルがあったがライト点けて走行。あんまりライト装備している人いないな。ライトの装備は大会の義務だったはずだが(ーー;)・・・マシンチェックないからなぁ。


入崎ASに到着。おにぎりを頬張る。
次のASまでは32km。なにより大会で一番悪名高いZ坂がある。水分は十分に補給しておかないと。まだ少しドリンクが残っているので水を継ぎ足しVAAM粉末を入れる。
そろそろ9時になる。日焼け止めを塗る。腕に塗って、顔と首にも。


走行していくと段々と集落が無くなってきている。
そろそろか・・・・そろそろくるのか!Z坂!!

ビクビクしながら走って大きな崖が見えるたびに『Z』がないか確認してしまうw
そして、ついに大きな『Z』が! あれか!!

手前にトイレがあって休憩ポイントになっている。
写真も撮りたいのでとりあえず休憩。あぁ今からアレ上るのかぁ。
しかし反則だよな。『Z』って上と下の棒は水平だぞ。この坂は『傾いたZ』だ!登りしかないぞ!


徐々に迫り来る坂。Z坂突入前にギアをインナーにしてしまったw
目標は自転車を降りて歩かないこと!どんなに低速になっても降りるもんか!!
おかげで時速8km程しかでませんでしたw思ったより一辺が短かったのが勝因かな。途中で観光バスとすれ違う。バス乗客からすればキチガイ沙汰だろうな。


なんとかZ坂を登りきり小休止。とりあえず息を整えよう。・・・落ち着いた、すぐに出発!
さすがに登りのあとは緩やかな坂だ。行きとは違って軽やかな風が流れる・・・・軽やかな・・・・・・そこそこの・・・・・坂が・・・・・・・うわぁ!急な下り坂。ヘアピンカーブのオマケ付き!!
こんな所スピード出して下れるかよ!!
怖い(T_T)・・・時速30km程で下山。


佐渡北端に位置する大野亀が見えてきた。こ・・・これはスゴイ岩山だな。まさに絶景。
さっきの観光バスはここを見た帰りなんだろうけど、残念だったな。ここの景色は苦労して自転車で登りきった後に見てこそ美しいんだ!
きっと負け惜しみではない!  えぇ、あくまで『きっと』です。
ここでも急な坂道(T_T)


やっとはじき野ASに到着。
ここは道の駅みたいなフィールドパークがAS。おかげで売店もある♪
バナナを食って後半戦もがんばるぞ!
しかし・・・・先に進むほどASの補給がショボくなってきているような気がする。気のせいかなぁ?


(つづく)

|

« 佐渡ロングライド210 当日(その1) | トップページ | 佐渡ロングライド210 当日(その3) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/41289123

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡ロングライド210 当日(その1):

« 佐渡ロングライド210 当日(その1) | トップページ | 佐渡ロングライド210 当日(その3) »