« きみがいた時間 ぼくのいく時間 | トップページ | 明日は休日 »

パラドックスをなくす

昨日のつづきw


馬車道ホテルと広川縫製が健在なら問題ないんだ。
『里志が持っていた800万円を盗んだのはやっぱり柿沼浩二だった。』

その800万でパチンコ等のギャンブルにつぎ込んだからこそ感覚が狂ってきて無謀な計画を立てるようになった。
里志が39年前に行かなかった事であまり大金を使わず地道に努力していって純子と結婚し、馬車道ホテルの最上階にレストランを作ったんじゃないだろうか。
そうすると辻褄を合わせられる。・・・強引だけど(^_^;)

これだと『達也がギャンブルに嵌ったのはタカヤのせい!』という別の楽しみ方も出来る♪
あっ、役者名で書いてしまったw


広川縫製・・・誰かが融資してくれたんじゃないの?(なげやり)

|

« きみがいた時間 ぼくのいく時間 | トップページ | 明日は休日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/40551272

この記事へのトラックバック一覧です: パラドックスをなくす:

« きみがいた時間 ぼくのいく時間 | トップページ | 明日は休日 »