« ゴール輪島 | トップページ | 今回の反省点 »

第19回ツール・ド・のと1日目のみ参加

いつもより1時間早く5時に起床。
オレは朝起きてすぐにはメシが食えないので早めに起きて体調を整えようと目論む。シャワー浴びてネットで天気予報を確認して・・・・食欲がない(T_T)
と言っても食わずに走れる訳もないのでカバンに昨日買っておいたおにぎりにサンドイッチを入れる。

あと、もう一つ問題が・・・。ゴールの輪島からの帰りは主催者側からのバスで戻ろうかと考えていたんだけど7月中に申し込まないといけなかったことが昨日の晩に、なるちゃんと電話していて発覚w。ネットからクレカ払いで申し込んだためpdfの資料下段側を読んでいなかったのが敗因。
しかたないのでホテルチェックアウト後に松任駅で切符を穴水-京都市内に変更。のと鉄道も新車を入れてから乗っていないしね♪ (これが悲劇になるとは思いもよらなかった)

駅前で自転車を展開しておおまかな地図と適当な方向感覚で受付会場である松任海浜公園に向かう。
なんとか辿り着けるものだなぁw
早速受付を済まし、自転車に札を取り付け、胸と背中にゼッケンを取り付ける。
腹は減らないがこれ以上時間が経つと荷物か生ゴミにしかならないので無理矢理胃に詰め込む。
荷物を預け(ゴール地点まで運んでくれる)サポートショップ(近くの自転車屋がレースのサポートをしてくれます)を覗きつつうろついていると、オレのBD-1を見て『それで参加するんですか!?』と話しかけられる。
自転車初めて3ヶ月だそうですがBD-1持っているけど他の自転車で参加だそうです。俺はコレ1台しかないからなぁ(^_^;)
『これでのと行けるんだったらホノルルはこれで行こうかなぁ』
あっ、ホノルルセンチュリーライド参加ですか、いいなぁ。自営業でその辺の融通は利くそうです。オレなんて昨日、松任に着いた後に会社から電話があったよ(T_T)しかも月曜日は休日出勤だorz

開会式が始まるので集合地点に集合。そこで会った人としばらく話し込む。京都市内の自転車走行について話したけど、四条河原町周辺は自転車走行禁止&嵐山八幡木津自転車道の知名度の低さを実感する。

開会式が終わりいよいよスタート!
スタート地点に移動するものの渋滞でいつスタート出来ることやらw
5分ほどしてスタート♪ 海岸沿いのサイクリングロードを・・・10km/hほどで走行wすぐに渋滞停車。どうやらこの先で一般道に入り込むみたいなんだけど信号待ち渋滞を起こしている模様。さながら第二スタート地点w

10分ほどしてやっと信号通過。やっと20km/h越えで走行。まわりはロードばかりなのでさすがに早いなぁ。
このあと金沢市内に入るとあちこちで信号渋滞が起き中々進めない。でも左折時とか警察官指導の元、赤信号でも通らせてくれるので結構スムーズ。
このあたりでリカンベントの方とほぼ併走。異様な風景だろうな。ロードだらけの中でリカとミニベロw
実際リカンベントの方は数名見かけましたがミニベロは見かけなかったです。まさかオレだけぢゃねーだろな(ーー;)

ノロノロ走行しながら内灘休憩ポイント(23.4km)に到着。
さっそく冷茶を頂いてトイレにも行く。持っていたボトルの中身は心もとないので飲み干して冷茶を入れてもらう。
『先頭が出発して35分が経過しています』
どこからかそんな声が聞こえる。スタート地点からかなり差は出ているとは思うけどあんまりのんびりともしていられない。出発だ!

海岸と一般道があるであろう地帯の中間辺りを走行しているのでところどころ道に砂が入っていてタイヤが滑るんじゃないかとヒヤヒヤする。ロードならもっと怖いだろうなぁ。
一般道に入りのんびり走行。

宝達志水休憩ポイント(45.4km)に到着。
アクエリアスor爽健美茶(コーラはすでに品切?)とゆで卵の配給。休憩して出発しようって頃にはアクエリアスも品切れになっていたようです。
『次の休憩ポイントは28.3km先です。ここで長く休憩するより次に急いだ方がいいですよ』
とアナウンスwがかかる。弱肉強食ってか早い者勝ちの世界だ。昼食がなくなる前に到着しないとw
ここでは先ほどの休憩ポイントのようにドリンク補給ができないので次にコンビニを見かけたら補給をしよう。この時点でボトルはほぼ空です。

すぐにサークルK発見!Edy使用可能だ♪アクエリアス500mlはKURUWAZAでさらに10円引きだ♪
ボトルに補給をしたらすぐに出発!出発しようとしたらみんなここに立ち寄ってくる。考えることは一緒かw

走行中、手を振ってくれる人たちが結構いる。これはうれしいぞ♪
徐々に日差しがキツくなってきて、ついにボトルが空に。あと数kmで昼食ポイントだけどコンビニに突撃!またサークルKw
今度は1リットル購入。ボトルに入るだけ入れて後は飲みながらスタート地点で貰った栄養食を食う。
あと少しで昼食ポイントなんだけど登りになってきて体力がどんどん落ちる。すでに昼食ポイントから出て行く人もいる。

なんとか志賀チェック&昼食ポイント(73.7km)に到着。
アミノバリューをボトルに入れてもらい(さっきのドリンクはもうなくなった)昼食は冷やしうどん・スパゲティー・ローストポークどんぶり・カレーライスを好きにもらえるようになっている。エネルギー補給に暴食w
どれもミニカップサイズなのでいろいろ食べられる♪
出発前にスポーツドリンクを貰おうとしたらもうなくなっていて水しかなかった。氷を詰め込んで水を流し込む。これでしばらく持つだろう。
ここからは出発制限時間がある。ここの制限時間は14:30 あと50分か、急ぐぞ!!

登りの後だけに昼食後は下りが連続。かなりのスピードを出して走行していく、昼食に長めの休憩時間をとったのでかなり体力は回復した♪

一番短い区間を走り増穂浦休憩ポイント(90.0km)に到着。
海岸沿いで眺めがいいぞ♪
ここではアクエリアスとバナナ2本の補給。昼食食ってから調子が良くってボトルの中身はあまり減っていないので大丈夫か。

次のポイントまでが一番長くて30kmある。さすがに休憩無しではしんどいだろうから中間辺りで休憩を取ろうと予定を立てる。
徐々に道が狭くなり、昔ながらの街並みになっていく。これはこれでいいなぁ。バナナが利いたのか疲れがなくなってランナーズハイ状態に。きっと脳内麻薬でまくりだっただろう。
丁度半分の15km地点で自販機があったけど同じ考えの集団で混んでいたのでパスw
能登地震で崩壊したらしいけどヤセの断崖、観光地だから自販機くらいあるだろう。・・・・崩壊の影響で遊歩道立ち入り禁止。自販機さえなかった。通過。
ええぃこうなったら自販機見つけたら絶対停まるぞ!(まだボトルには少し水が残っている)

・・・自販機あるけど反対車線だ、パス!
・・・反対車線でもいいや。自販機あったら停まるぞ!・・・「あっ今のところあったんぢゃ・・・?」「車が多くて渡れねぇ!」
次の・・・次の自販機はどこだぁぁぁぁ!!!
『次のチェックポイントまであと5km』
・・・・いまの体力なら間違いなく辿り着けるな(ーー;)
もういいや。
この辺りは海岸沿いを走ってなかなか風光明媚。自販機探しであまり風景を見ていられなかったのが悔やまれる。

門前チェックポイント(120.5km)到着。
このチェックポイントの1kmほど手前にコンビニ見つけたときは恨めしかったぞ(ーー;)
冷茶・バナナ・飴の補給。さっきのバナナでの回復力から今回もバナナを食う。この後は今日最大の山岳ポイント円山峠だ!
その前にせっかくなので総持寺に瓦を奉納してくる。どうせ費用は北国新聞持ちだ。お寺の人の前なのでバカな事は出来ずに無難な事を書く。いくらなんでも被災地で“折願”なんて書けるかっ!!
すでに十数名の熱中症患者が出て回収されたとのアナウンスが入る。ボトルに冷茶を補給する。制限時間まで50分。
さぁ円山峠に挑戦だ!

峠の入り口に「ここから4500m登り」のありがたいんだか、ありがたくないんだかよくわからない看板がある(ーー;)
登りははっきり行ってきつくない。長いだけ。
でもすでに120km走ってきた体には堪える。スタート直後にこの坂ならそれほどしんどくはなかっただろう。実際、善峰寺への坂の方がキツイ!
途中2回自主休憩。押して登る人もいたけどオレは全区間自転車で走り抜けたいので押しては登らないぞ。

一番軽いギアにまでしてなんとか登りきれた♪
峠には登りきった人が休憩していたけど、この人たちは一気に登って休憩しているんだ。オレは数百m手前で休んだのだから・・・・このまま突っ走る!!!!
『えっそのまま行くんですか!?』
「行きます!!」

はっはっはっはっ下りだ下りだ。スピードが出るぞ!
平均速度40km/hで峠を下っていく。一応BD-1にはサスが着いているので少々の段差なら強引に越せるぞ!

そのまま25km/hほどで走行。街中に近くなってきたので信号も増えてきた。チーム参加者の後ろに付いてそこそこのスピードでゴールに向かう。
輪島市内に入ると久々に信号停車が増えてくる。
それにしても・・・輪島市内の信号は婦警さんが多かったんですがみんな美人。わざと揃えたんですか?
前のグループの人も行っていました。
「あんたいつもならあのタイミングは絶対突っ切っている!なんで急ブレーキで停まったかバレバレだ!」
確かにその人、信号停車中に婦警さんに声かけていたしなぁw

そこからはすぐにゴール!
141.8km完走できました♪

ゴールチェックを受けてつみれ汁とビールを貰っておいしく頂きました♪つみれ汁はおかわりしましたw
自転車はそのまま輪行袋に入れヤマト便で自宅に送り、金沢まで戻ることにする。
バスで穴水まで行き、のと鉄道、JRで戻ったけどこんなに接続が悪いとは知らなかった。素直に金沢行きの直行バスに乗れば良かったかも。でも朝に切符を乗変しているしなぁ(T_T)

ホテルにチェックインしたのは23時頃でした。

あぁ、しんどかった。面白かった。辛かった。楽しかった♪
来年もぜひ参加したいです。

|

« ゴール輪島 | トップページ | 今回の反省点 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/16469762

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回ツール・ド・のと1日目のみ参加:

» アメックス [アメックス]
アメックスカードには男心をくすぐるものがあります。アメックス・グリーンカード、アメックス・ゴールドカード、アメックス・プラチナカード、アメックス・センチュリオンカードがありますが、アメックスカードは「はったりかます」たびにプライドがくすぐられますね。 [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 07時30分

« ゴール輪島 | トップページ | 今回の反省点 »