« ある日のカラオケボックス | トップページ | ローソンが使えるようになった? »

インターンシップ

インターンシップとは、学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。

隣の市の工業(工科だったかな?)高校2年生がきました。2日間。
2日で何を体験させろと?

2Fのラインだとやれることがないってゆーかいきなり体験させるのは無理。ってことで配線準備ならなんとかなるんじゃないか?って事でこっちにまわってきました。
電気系の電子らしいので・・・・まぁ教えやすいけどね。


新入社員の体験実習とかは結構やらされるので“何日分”って云われればそれなりに体験させられるけどね。それにしても2日は短いぞ。
といっても高校生だ。普段なら15時くらいに授業が終わるところを17時30分までの8時間労働だ。2日くらいが限度かも知れないわな。

学校の実習の一環で全員が電気工事士の試験を受けるそうだ。今の時期に“受ける”と言っているって事は第二種電気工事士試験で筆記試験はすでに受かっているって事だな。
「ん?って事は今月末に実技試験やね?」(一応、第二種電気工事士の資格は持っている)
『はい、22日に』

「なぁS君。今度、電気工事士の試験やろ、いつ?」
『えーー、21か22日だったと思います』
「・・・・・すでに高校生に負けているな!」
試験日さえ覚えていないところで勝負がついているぞw


2日間の高校生実習体験ってことなので、お客さん待遇の“仕事をした!”という達成感を得られるような事をしてもらう事にしました。
簡単なケーブル加工と組立をね。『実際の製品の一部を作る』ってのを体験してもらった方がいいだろう。

これが新入社員なら完全に慣れる為に1週間くらいさまざまな被覆剥きと圧着をやらせるんだけどねw

|

« ある日のカラオケボックス | トップページ | ローソンが使えるようになった? »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/15738402

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ:

« ある日のカラオケボックス | トップページ | ローソンが使えるようになった? »