« はるかな宇宙をつかむ | トップページ | 中の人も大変だw »

カレッジ・オブ・ザ・ウィンド

演劇集団キャラメルボックスの芝居を見てきました♪
芝居はやっぱり生がいいね。DVDも出ているから何回でも家で見られるんだけど生の迫力はいいねぇ。

再々演だけど初見です。去年の「雨と夢のあとに」のときに「カレッジ」のような話・・・という話を聞いていたがなるほど。
もっとも幽霊・手紙・タイムスリップのキーワードを組み合わせれば成井作品が出来る・・・なんても云われるけどね。


主人公“ほしみ”にはそんな演技力ってのは必要ないのかもしれない。ひたすら必死なまでの家族への愛情が出ていれば。
今回の“ほしみ”はアイドル?(よく知らんのだが)の高部あい。
でもそんなに悪い感じはなかったよ。必死さが見えていても違和感がないしね。

あ~~、青ちひ。脇での暴走がいい具合に明後日の方向にぶっ飛んでいて好きです(ホメ言葉)アベジョーと組ませたら・・・ドコマデイキマスカ、アナナタチ


大阪で時間があえばもう一回見に行ってもいいなぁ♪



カーテンコールで爆笑。ももこさん曰く『初演はほしみの友人。再演はあやめ(ほしみの叔母)そして今回はおばあちゃん』(^_^;)
高部あいちゃんに振られて急遽挨拶の大内さん、やっぱりというか当然というか、それがないとおかしいでしょ!お約束のようにセリフを噛む。あんまり判らなさそうな箇所だったけど、となりのあいちゃんが笑いだしたのでバレたw GJ♪

|

« はるかな宇宙をつかむ | トップページ | 中の人も大変だw »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/15849910

この記事へのトラックバック一覧です: カレッジ・オブ・ザ・ウィンド:

« はるかな宇宙をつかむ | トップページ | 中の人も大変だw »