« 極楽トンボの終わらない明日 | トップページ | AC機関(ほぼ)終了! »

さよならM-Ⅴロケット

9月23日にM-5ロケット7号機・太陽観測衛星SOLAR-Bの打上げが決定しました。
そしてこれがM-Ⅴロケットの最後の勇姿となるようです。

金星探査機「PLANET-C」はHⅡAロケットでの打ち上げになるようです。PLANET-Cって480kg(はやぶさより軽いのか!)でHⅡAロケットだったら202型でも能力過剰だと思うんだけどなぁ。惑星探査機なのでサブペイロード・・・・もといピギーパック衛星以外は相乗りのしようがない。フェアリングは4S型とすると打上げ費用は約100億円。打上げ重量辺りの費用が高い!と言われているM-Ⅴの約80億円より高い!4年後の打上げまでにM-Ⅴ施設の維持費用を合わせると似たようなモノらしいけど・・・大丈夫かな?

ペンシルロケット以来続いてきた固体燃料ロケットの技術継承の為に500kg程度の後継ロケットを開発するらしいけど・・・M-3SⅡより規模縮小なのか。これで予定通りの性能が出て小型衛星がバンバン打ち上げられるのならいいんだけど、J-1の亡霊ロケットで失敗作になって、しかもHⅡAの打上げに予算取られて科学衛星が打ち上げられなくなったら目もあてられない。

現在、打ち上げ予定の科学衛星がPLANET-CとASTRO-Gしかないもんなぁ。
電波天文衛星VSOP-2ことASTRO-GもHⅡAで打ち上げなら・・・どんな巨大な衛星が作られるんだろうか?
いっそのことETS-Ⅷのデータを活かしてHⅡA204型を利用するような巨大な衛星を作って欲しいものだ。

そういや未だ打ち上げ未定のM-Ⅴロケット2号機はどうなるんだろうか?LUNAR-Aの探査機本体は完成しているらしいけど検査プローブのペネトレータが完成の目処が立っていなかったような・・・・2号機の部材も6号機に流用されてしまったしね。

今月の残業時間 35時間

|

« 極楽トンボの終わらない明日 | トップページ | AC機関(ほぼ)終了! »

宇宙関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149682/11100036

この記事へのトラックバック一覧です: さよならM-Ⅴロケット :

« 極楽トンボの終わらない明日 | トップページ | AC機関(ほぼ)終了! »